皮膚科 しみ

皮膚科・しみについて学びたいと思っている方はたくさんいるのではないでしょうか。このHPを読んで皮膚科・しみについて触れてみてはいかがでしょうか。

TOP PAGE

皮膚科でのシミ取り治療について

皮膚科 しみ

シミが顔にできると隠しようがないために、顔のシミの除去をしたいと考える人は多いのではないでしょうか。
老け顔に見える要素の一つに、シミの有無があります。
どうにかしてシミ取りをしたいという女性はたくさんいます。
皮膚のシミは、黒っぽい斑点や、茶色っぽい楕円など様々ですが、いずれもメラニン色素という色素によるものです。
肌にシミができる理由は色々で、老化現象によるシミや、遺伝によるシミなどがあり、複数の原因が関与していることもあります。
強い紫外線を照射されると、皮膚にシミができることがありますので、紫外線対策をきちんと行っておくことも大事になります。
シミができる原因に、ホルモンのバランスが関わっていることがあります。
なぜシミができるのかをよく理解しておきましょう。
シミができた原因や、シミの症状によって、いくつかの種類があります。
炎症性色素沈着、花弁状色素斑、老人性色素斑などです。
病院でシミを見てもらい、治療をしてもらうことで、シミを取るという方法があります。
シミに対する治療方法は、様々な手法があるようです。
シミのもとになっているメラニン色素をレーザーで焼いたり、薬を飲んだり塗ったりしてシミを薄くします。
最近は、老人性色素斑、炎症色素沈着、そばかすに対しては美白効果のある薬を服用または塗布することで、シミ取り治療が行えます。
特定の部位だけのシミを確実に取り除きたいという時は、レーザーでの治療が適しています。
深部のメラニン色素を除去できます。
皮膚のどの部分に、どんなシミができているかなどで、最適な治療法を選ぶ必要があります。
皮膚科の診断を受けて、どんな治療法がシミ取りに有効かをしっかり見てもらいましょう。

シミを取りたい時のおすすめの方法

皮膚科 しみ

顔のシミは、紫外線の対策を十分にしていても、発生するものです。
一旦シミができると、カムフラージュは困難になりますので、シミ取りをしたいと思う人はたくさんいます。
普段の生活をしながら、紫外線を全カットすることは現実的な話ではありませんし、ちょっとくらいなら紫外線を受けてもいいと思う人もいます。
何の気になしに太陽光の下で活動をして、日焼けがシミになる人もいます。
可能な限り、紫外線を肌に浴びないようにしましょう。
若いうちに紫外線をたくさん浴びていたら、年をとってからシミが大きくなるということもありますので、油断はしていられません。
美白化粧品を活用することで、シミを除去しているという人も、最近は多いようです。
ハイドロキノンは、近年、特に注目を浴びている、美白効果の高い成分だと言われています。
お肌を白くする効果があるというハイドロキノンは、病院でも出してもらうことができますが、化粧品に美白成分の一つとして使われてもいます。
古い皮膚が新しい皮膚と交代しやすいようにすることが、ハイドロキノンの機能です。
シミがある古い皮膚を排出し、新しい皮膚細胞をつくって体の表面に出せば、シミは薄くなります。
これがお肌のターンオーバーです。
規則正しく健康的な生活を送ることや、適切な洗顔ケアと保湿ケアを行うことが、お肌のターンオーバーを促進するためには重要になってきます。
健康的な体をつくるために、食習慣を見直し、運動不足を解消して、美白に効果的なスキンケアを行うことで、お肌のみずみずしさも取り戻せ、シミ取りもできるでしょう。

美容外科や皮膚科での顔のシミ取り治療

顔のシミを取るために、美容外科や、整形外科に行く人が多くなっています。
人は、高齢になると、顔のシミが顕著になる傾向があります。
どんなに陽射しを遮断し、紫外線から身を守る服装をしていても、紫外線の影響を完全にシャットアウトすることはできません。
顔のシミが紫外線の作用である程度できてしまうことは、諦めざるを得ない部分もあるものです。
シミができる理由は体の外からだけでなく、内側からの要因もありますので、様々な方法でのシミ予防が求められます。
近年では美容技術も大きく進んでおり、シミ取りに関する技術も進んできていると言われています。
美容外科や、美容クリニックを受診することで、シミ取りの治療をしてもらえるところがふえています。
シミ取りには、専門のレーザー光を当てることで、シミになっているメラニン色素を焼いて取り除いてくれます。
もともとシミができていた部分は、レーザーをあてることでしばらくかさぶたができます。
10日くらいでかさぶたがなくなれば、シミも取れて施術終了です。
つまり、美容施術をしてからしばらくは皮膚の上に大きなかさぶたができますので、これが目立つ状態になってしまうようです。
シミ取りの施術が終わった後の場所は、乾燥させたほうがいいのでガーゼなどは張らない方がいいのですが、それでは周囲に不審に思われるでしょう。
もしも、シミ取り治療を行う場合は、人と接する機会が少ないタイミングが望ましいと言われています。

皮膚科で受けるしみ治療について

美容皮膚科でなければ、しみの治療をしてもらうことは不可能だと思う人もいます。
実際には、普通の皮膚科でも、しみの治療を受けることができます。
顔にできたしみを解消するためには、しみの治療効果がある専用のレーザー器機を用いる方法が存在しています。
人によっては痛みがあったり、治療後に皮膚に腫れができる場合もあるので、はじめての人は特に事前のカウンセリングを受けるようにしましょう。
しみの治療をしたい旨を皮膚科に伝え、自分のしみの症状を診てもらって、どんな対応方法が適切なのかを医師から直接教えてもらうことも可能です。
どんな方法でしみを治療すべきかは、人によって違います。
ハイドロキノンなどの外用薬を使う人や、ビタミンC誘導体の飲み薬を使う人もいます。
皮膚科のいいところは、しみ治療をしている時に肌に弊害が発生した場合でも、医師の判断で適切に対処してもらえるであろう点にあります。
しみの治療は、皮膚科で受けることが可能ですが、医療行為と見なされず保険が使えません。
保険が使えない状態で、皮膚科の治療を受ける場合は、多額の医療費がかかりますので、費用についてはあらかじめ調べておくことです。
健康保険は、病気や怪我などの治療であれば適用になりますが、しみ治療は見た目を美しくするためのものだと判断されるため、自費負担で治療を受けなければなりません。
とはいえ、しみ治療の中には、保険で支払金額を一部負担してもらえるようなシチュエーションがあります。
しみ治療については、治療方法、保険の適用範囲、メリット、デメリット、治療時の注意点などを、皮膚科が確認するところから始めましょう。

顔のシミは皮膚科での治療を

人間の顔は、年をとるとシミやくすみか増えますが、シミの原因には紫外線や、色素沈着なども関わっています。
顔にできてしまったシミは目立つものなので、解消したいと思っている人も少なくないことでしょう。
顔に目立つシミができて、どうにかしたいという時には、皮膚科のクリニックに行くといいでしょう。
皮膚科では医師による診断が行われているので、安心して顔のシミ治療を受けることができます。
顔のシミがどのくらいの範囲で、どんな状態になっているかで、治療のやり方は違います。
医者であれば、皮膚のシミをなくすためにどうすればいいか、一人一人に会う治療方法を選択して、行ってくれます。
場合によっては、シミを解消する効果がある塗り薬を出してくれて、しばらく塗り続けることになります。
最近の皮膚科では最新マシンのレーザーを用いることで、どのようなタイプの顔のシミもきれいに改善できるようになっています。
シミがあった場所がかさぶたになって、新しい皮膚ができあがるまで待つ必要がありますが、皮膚に傷跡は残りません。
以前は一般的なレーザーでは治療不可能だった肝斑に対しても、専用のレーザーにて対処することができるようになってきています。
より効果的にシミを治療するために、レーザー照射にプラスして、薬を飲んだり、塗り薬を使ったりすることもあります。
近年では、他のシミ治療をしながら併用して薬を注射するといったやり方もあり、多様な皮膚の状態に合わせたシミ治療を選ぶことができます。

経口と外用薬によるしみ治療

肌のしみを気にして治療をしたいという人がいますが、具体的な治療法とはどんなものでしょう。
医療機関が薬を出してもらって、しみを治療するという方法があります。
美白効果のある化粧品なども販売されていますが、もし半年以上効果がなければ、病院でのしみ治療のほうが効果的です。
医師から処方されるしみ治療の薬としては、ビタミンCが多いようです。
しみをつくるメラニン色素を減らす効果があります。
しみや肝斑に有効なトラネキサム酸も経口治療に使われています。
経口治療と合わせて行われるのが外用薬によるしみ治療です。
レチノイン酸は、表皮にできたしみを解消する効果がある外用薬です。
レチノイン酸とハイドロキノンが薬の成分として用いられます。
しみのある部分の皮膚を、新陳代謝を活発にすることで体外に出すために、レチノインを使って皮膚の細胞を活性化するというものです。
しみのない白い肌にする効果がハイドロキノンにはあるため、肌を白くしたいところに塗ります。
医師から処方された薬は、言われた通りに使うことが大事です。
間違えた使い方をすると肌に負担になるでしょう。
ケミカルピーリングは、外用薬を用いた代表的なしみ治療法です。
酸の入った薬剤を使い、皮膚の表面を剥ぎ取り皮膚が本来持っている再生能力を生かして新しい皮膚の細胞を再生するというしみ治療です。
しみ治療のためにケミカルピーリングをした後は、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

Copyright (C) 2018 しみやくすみのない綺麗な肌の人のスキンケアの秘密 All Rights Reserved.

TOP
PAGE